アディダス・ジャパンと横浜マリナーズ(横浜F.マリノス)は、横浜F.マリノス2016年新しいユニフォームホームを発売された。ユニフォームホームはチーム有名な伝統3色を採用した。
このユニフォームは、ClimaCool技術と新しいメッシュデザインを含む最新のアディダス革新技術を使用して、プレーヤーが最新技術機器を手元に確保できるようにした。
ClimaCool技術は、ドライヤーと快適な両方を保つために、吸汗性、速乾性、通気性を両方に備え、テクスチャーの軽量化により、プレーヤーはより優れたパフォーマンスを得ることができました。
Yokohama F. Marinos 2016 adidas Home

ユニフォームホームは、クラブのアイデンティティである伝統のトリコロールをベースカラーに、体部分に青、襟に赤、そしてスリーストライプスに白を配置して、さらに、選手達がピッチに躍動する様子を表現するため、特徴的なチェック柄を革新性としてデザインを取り入れていた。背面上部にはお馴染み、チームエンブレムから由来する3羽のカモメが今季も元気に羽ばたいていた。右袖にはJリーグ優勝を果たしエンブレム上には3つ星をプリント、右袖下部には「明治安田生命Jリーグ」エンブレムをデザインして、サプライヤーは「adidas」です。
ご興味かる方は下記キーワードをリンクしてください。
キーワード:横浜Fマリノス 2016 ユニフォーム ホーム

特徴

今季のデザインコンセプトは『EX(エックス)-BLUE(ブルー) ~大阪を胸に~』で、新たなホームスタジアム「市立吹田サッカースタジアム」で活躍するチームを表現しています。ホームは、クラブカラーである青を用いた伝統のストライプをベースに、「新スタジアム」のグラフィックを透かしとして取り入れています。メーカーロゴとエンブレムは胸前に配置し、胸のエンブレムの星の数は2015年の8個から9個へ増加しました。素材には吸汗速乾性に優れた素材を使用します。

スポンサー

Panasonic
背中 ROHTO
DAIKEN

ガンバ大阪にはアデミウソン、井手口陽介、遠藤保仁、倉田秋などの人気選手のユニフォームがあります。ほかの選手が好きなら、後ろの余裕には選手のネーム、背番号も自由に印刷できます。もっとガンバ大阪を知りたいなら、ガンバ大阪へようこそ、多くの試合日程、結果、選手情報を用意します。2017シーズンのチケットが好評発売中!

ユニフォーム を購入するリンク:

https://jleagueuniform.com/ganbaoosaka-2016-3.html

セレッソ大阪としての初代ユニフォームです。セレッソ大阪1994ユニフォームホームは派手な桜ピンクを基調にデザインしました。桜は大阪の「市花」で、市花カラーを、チームユニフォームのカラーになるよう願いが込められている。ライトピンクの花柄をみて、桜の花びらがピンク地にを散らしたイメージです。袖口と襟には水色カラーを入れ、水都大阪の意味を表します。ポロ襟を採用し、ボタン付き、閉開可能で、調節できます。当時チームのサイプライヤーはミズノです(現在は「PUMA」)。胸には〔CAPCON〕、左袖には〔ヤンマー〕、背中には〔日本ハム〕のスポンサーをプリントします。背番号の書体はAGFA社のBeckaScriptに非常に似た書体で、他チームに比べても独特な曲線の書体です。

今、セレッソ大阪 1994 ユニフォームホームようなヴィンテージ ユニフォームは少なくなりました。購入したいサッカーファンは困ってしまいました。友達は常にこのショップでレプリカのユニフォームを買い、私に勧めてくれました。確かにいい店です。セレッソ大阪だけでなく、他Jリーグのチームユニフォームもあり、毎週にはタイムセールがあり、非常に買い得です。