セレッソ大阪としての初代ユニフォームです。セレッソ大阪1994ユニフォームホームは派手な桜ピンクを基調にデザインしました。桜は大阪の「市花」で、市花カラーを、チームユニフォームのカラーになるよう願いが込められている。ライトピンクの花柄をみて、桜の花びらがピンク地にを散らしたイメージです。袖口と襟には水色カラーを入れ、水都大阪の意味を表します。ポロ襟を採用し、ボタン付き、閉開可能で、調節できます。当時チームのサイプライヤーはミズノです(現在は「PUMA」)。胸には〔CAPCON〕、左袖には〔ヤンマー〕、背中には〔日本ハム〕のスポンサーをプリントします。背番号の書体はAGFA社のBeckaScriptに非常に似た書体で、他チームに比べても独特な曲線の書体です。

今、セレッソ大阪 1994 ユニフォームホームようなヴィンテージ ユニフォームは少なくなりました。購入したいサッカーファンは困ってしまいました。友達は常にこのショップでレプリカのユニフォームを買い、私に勧めてくれました。確かにいい店です。セレッソ大阪だけでなく、他Jリーグのチームユニフォームもあり、毎週にはタイムセールがあり、非常に買い得です。